RECOMMEND
RECOMMEND
太陽の下 (初回限定盤)
太陽の下 (初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
レミオロメン, 藤巻亮太, 小林武史
RECOMMEND
ソーダ
ソーダ (JUGEMレビュー »)
藤森真一,佐々木健太
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
BATTLE FUNKASTIC
BATTLE FUNKASTIC (JUGEMレビュー »)
HOTEI vs RIP SLYME, RYO-Z, ILMARI, PES, SU, Tomoyasu Hotei, DJ FUMIYA
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
粉雪
粉雪 (JUGEMレビュー »)
レミオロメン,藤巻亮太,小林武史
RECOMMEND
RECOMMEND
BEST 1999-2004
BEST 1999-2004 (JUGEMレビュー »)
cune,小林亮三,渡辺善太郎,佐久間正英,亀田誠治
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTRY
LINKS
OTHERS

Tera Byte Blog

〜norari kurari diary〜
<< カンボジア旅行記初日 | main | カンボジア旅行記3日目 >>
スポンサーサイト
(- ; - ; -)

一定期間更新がないため広告を表示しています

カンボジア旅行記2日目
(Travel ; comments(0) ; trackbacks(0))
カンボジア2日目の私たち!!
睡眠時間をたっぷり取ったので元気バリバリですw
えーっと今日のメニュー午前はアンコールトムです。
”アンコール”は”都”、”トム”は”大きい”という意味らしく、遺跡が建てられたのは日本でいう平安時代あたりらしいです。
さすがトム!!入り口から無駄にでかいですw
昔、宗教戦争があったらしく入り口の前にある像のクビが切られたり、ボロボロに破壊されたものもありました。
入り口の大きな門には4種類の顔があり喜怒哀楽を表した顔が4方に広がっていました。
城内に入ってみると、めちゃめちゃでかい建物が!!
こんなの観たことがない!!
凄い衝撃を受けました雷
石だけでこんなに巨大な建物を建てて、おまけに細かな絵や文字それに模様まで細工されていました。
実は旅行に行く前に、地雷とかポルポト派の人に拉致されるかも!?とか不安に思っていたけど、それよりも暑さや日差しの強さにやられそうw
壁にかかれた絵には、カンボジアの歴史が刻まれており、中国人との関わりや猿と人間の攻防戦などファンタジー的な要素も混じってるけどカンボジアの歴史背景がよくわかる壁絵でした。
トゥームさんが詳しい話してたけど。。。正直暑いし、写真とるのに必死だったんw
アンコールトムには扉越しにお釈迦様の像がみえ、お釈迦様の口と自分の口を重ねて写真とると良いことがあるらしく試しに撮ってみたところ!!
アパートで写真確認したら、口づけがずれてたw
こりゃこれからも良いことありませんなw
午後は、本命のアンコールワット観光!!
えーっと肝心な”ワット”の意味を忘れてしまったので。。。
多分”神秘”みたいな意味合いだったと思うのですが。。。
知ってる方がいれば教えてくださいw
アンコールワットの表参道は道がボロボロになっていたので、ちょうど復旧作業をしていました。
こういった世界遺産には様々な国の援助があって行われています。
意外にも日本もカンボジアとのつながりが強いんですよ!!
道路の舗装をしたりとか遺産の援助金を出したりとか。
で、話は戻りますが、アンコールワットには内乱での戦場の傷跡があります。
柱には弾痕などの痛々しいものが沢山。
遺跡は素晴らしい歴史背景や偉大さを伝えるのと同様に悲惨な出来事も伝える大事な物でもあります。
そんなアンコールワットは世界遺産なだけあって観光客も多いし、物売りも多いし、規模がやばいくらいでかい!!
建物の中には、アンコールトムと同じく壁にぎっしりと絵が描かれており、ヒンドゥー教の神についてや地獄と天国についてなど宗教に関わることがズラッとかかれており、また所々に穴が空いてる部分があるんですが、そこには宝石が埋められてあったらしいですプレゼント
仏像にも金箔が貼られてたらしいです。
なんともリッチな遺産だったわけですねw
そういえば、アンコールワットには小さな池があり、3つの尖った建物が鏡張りのように映し出されます。
私が行ったときには前の日に雨が降ったせいで、水が濁っていて写真が綺麗に撮れなかったのですが、普段はアンコールワットの素敵な逆さ模様が観れます。
苦労したといえば、アンコールワットはとても大きいので最上階まで行くのが大変です。
上に上がるにつれて階段が急になってくるし、階段の高さが異様に高く、幅も足を横に向けなければ階段を上れない状態です。
おまけに3度目の階段は高所恐怖症の人はやめた方がいいかも。。。
行きは下をみなければ何とかいけるかなぁ?って感じですが、上って下を見た途端足が震えました。。。びっくり
落ちたら絶対死にます。。。でも、年取ったおばちゃん達は凄いね。
平気でよじ登って行きます。
怖い物なんてないのかな。。。。勝てる気がしません赤ちゃん
最上階には、坊さんや現地の方々などが参拝にきたりと宗教を大事にしてるみたいです。
カンボジアでは8割の人が仏教なので、日本と似てる雰囲気がします。
まぁ、日本では全然宗教重んじてないけどねw
で、周りの景色を観た後、下りようと思って来た階段をみたら。。。下りる勇気をなくし。。。別の手すりのついた階段から下りることに。。。
他の仲間2人は来た階段から下りたのに。。。私だけ手すり。。。なさけねぇ悲しい
最後に、夕日のアンコールワット鑑賞に行くことに。
アンコールワットのすぐそばに、小高い山があって、そこを上るんだけど、階段らしきものがなく砂利道の急な坂道、足すべらしたらこれまた即死ですw
上ってて思ったことは、普段から適度な運動が大事、そして足腰鍛えないと。。。
そんなことを思いつつ現場に到着。
ここからは夕日待ちです。
思ったことその2、色んな外人さんが入り乱れてる。。。
特に無駄に日本人がいる。。。
年齢層も高い。。。
穴場だと思ってたけど、おそらく日本人はどこの国に行っても普通に沢山いそうですw
肝心な夕日というと、やっぱり昨日の雨が祟ったのか雲が多くてあまり綺麗に見えなかったんですよね。。。
肉眼では綺麗なのに、写真にとると微妙。。。
そんなわけで、2日目は終了なわけですw
3日目に続くnextnextnext

スポンサーサイト
(- ; - ; -)









http://terabyteblog.jugem.jp/trackback/39