RECOMMEND
RECOMMEND
太陽の下 (初回限定盤)
太陽の下 (初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
レミオロメン, 藤巻亮太, 小林武史
RECOMMEND
ソーダ
ソーダ (JUGEMレビュー »)
藤森真一,佐々木健太
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
BATTLE FUNKASTIC
BATTLE FUNKASTIC (JUGEMレビュー »)
HOTEI vs RIP SLYME, RYO-Z, ILMARI, PES, SU, Tomoyasu Hotei, DJ FUMIYA
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
粉雪
粉雪 (JUGEMレビュー »)
レミオロメン,藤巻亮太,小林武史
RECOMMEND
RECOMMEND
BEST 1999-2004
BEST 1999-2004 (JUGEMレビュー »)
cune,小林亮三,渡辺善太郎,佐久間正英,亀田誠治
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTRY
LINKS
OTHERS

Tera Byte Blog

〜norari kurari diary〜
スポンサーサイト
(- ; - ; -)

一定期間更新がないため広告を表示しています

カンボジア旅行記最終日
(Travel ; comments(3) ; trackbacks(133))
とうとうカンボジア旅行記最終です。
そろそろネタ的にしんどくなってきたかな?w
っというわけで本題へ。
最終日はいつもとは違って11時からのスタートです。
ご飯を食べた後に、クルージングに行きました。
クルージングする場所は琵琶湖の約10倍ほどの面積のある湖。
私たちが乗るクルージングボートは木でできたオンボロ船冷や汗
エンジンは何と!!トラックで使っていた物を修理して自分で組み立てたものらしい。。。
途中で壊れて遭難したらどうすんだよ。。。工具
まぁ、不安がりながらも、乗ってみると意外と早いし快適〜グッド
青空が燦々と輝き、風も心地よい。
他の船を観てみると客が一杯なのに、私たちは広々。
VIP待遇ですから〜〜〜ボロ船のw
えーっと、湖では家が沢山浮いてるんですよね。
湖の上で生活してるわけです水泳
カメラ向けると嬉しそうに手を振ったりとか、子供達が手こぎ船で学校に通う姿は何ともかわいらしい感じでしたよ楽しい
水の上の生活で、TVみれるんですよ!!
電気がどこから流れてるかわからんけどもw
おそらくバッテリーがあるのかな?
ここでいきなり豆知識;カンボジアのTVは世界中の番組をやっています。
日本のNHK、アメリカのアニメ、日本のアニメ、カラオケ番組、ファッションショー、韓国ドラマw
まぁ、すべて英語音声ですけどね。
では、本題に戻るとして、クルージングは思った以上に短かったw
もっと色んな所行くのかなぁとか思ってたのに、くるっと一周しただけだったので、残念だったなぁきのこレッド
その後は、最後のショッピング。
今まで行った民芸品店はべらぼーに高かったんですよ。
っていうか宝石類ばっかで良心的な値段じゃないもん怒りマーク
今回は、そういう高級じゃない一般的な市場に連れてってもらえまして、私はずっとシルバーアクセサリーが欲しくてそういうのが並んでるお店でジロジロみてたんだけど、ちょっと怖い感じのおばさんが「商品みるかい?」みたいな感じで(っていうか売りつける感じw)、棚からアクセ出してきて、これが良いわあれが良いわみたいな感じで、色々勧めてきますw
でも、全部ださかったので、断って自分で色々観てみると気に入ったのが1つだけあった!!
現時点でのお金は!!32ドルと1000円札w
お値段を聞いてみると56ドル!!
でも、私はここでへこたれませんでしたジョギング
すかさずディスカウントを要求。。。
初め48ドルとか結構客を舐めた値下げ価格だったので、それを期に値下げの炎が私にメラメラと沸いてきましたw
私は更にディスカウントを要求!
45,40,38と徐々に値下げに成功。
しかし、納得のいかない私はlittlelittleと何度も言って35ドルまで下げてやりました!!
エセ関西人をなめちゃあかんぜよwww
で、支払額が35ドルに対し、現在32ドル。。。
完全にお金が足りないのでクレカを使用できるか聴いてみたら先ほどできるって言ってたのに、NONOとかいってくるし、友達に金かりようと思ったら、「ないよ〜」って言われるし。。。
そうしたら店のおばさんが1000円OKっていうので、一安心w
カンボジアで日本円が役に立つとはw
ここでまた豆知識2;カンボジアでは主にドルを使用しています。
自国の紙幣”リエル”があるのに、使われてる紙幣はドル。。。
それも自国のお金なのにリエルが使えない場合がある。。。
結局リエルを使う機会はほぼなかったです。
ホテルのチップで使ったくらいかな?w
そんなわけで、無事アクセを買って、シルクのシャツも値切って買って(8ドルを4.5ドルまで値下げw)、満足満足。
お金があまりなかったから、友達のお土産買ってない。。。
そういえばアンコールタバコが余ってたなw
アンコールタバコ欲しいという人は言ってくれればあげますw
そんな値切り合戦を終えたら、カンボジアともお別れです。
なんだかんだ言って意外と楽しめたし、カンボジアの印象も変わって大好きになりました拍手
行くときは地雷がやばいとかポルポト派に拉致されるかも〜とか言ってたけど、普通に観光客で溢れかえってたし、街も活気があってとても楽しかったです。
カンボジアの人々も大好き、町並みも大好き、日本には帰りたくないなぁって正直思いましたが、やっぱり現実思い出しちゃうとモラトリアムしたい気持ちが沸いてくるんですよね。
旅行の間は思わないようにしてたけど、やっぱり頭の中でちらついたよ怒りマーク
そんなこと思いながら、空港に到着。。。
色々お世話になった運転手さんやガイドのトゥームさん。
彼らは次に来る観光客を私たちと入れ替わりで歓迎するそうで、ちゃんとした挨拶はできなかったけどトゥームさんの「また来週来てくれるよね?来月にはまたくるでしょ?」という言葉なんか嬉しかったw
世代も近いから色々話したりとか、一緒に遊んだりして馬鹿やってましたが、彼はカンボジアの将来を背負った男らしい人です。
彼とうち解けたことで、現地の人たちとも沢山ふれあえたし、かなり楽しめたのは間違いないからグッド
ありがとうトゥームさん!!そしてありがとうカンボジア!!
海外旅行がやめつきになりそうですw
今度はエジプトかな???w

※)最後まで読んでいただいた方々本当にありがとうございます。
途中文脈がおかしくなったり、内容がとびとびになったりして理解しにくいところがあったと思いますが、申し訳ございません。
内容も本当は沢山あるんですが、本人の記憶が曖昧なのと全部書くと莫大な量となるので、少々ピックアップという形で内容を減らさせていただきました。
この旅行を通して自分の視野を広げられたと思いますし、世界への興味も沸きました。
皆さんもこの旅行記や写真をみてカンボジアに行ってみたい!!と思って貰えるのが私への最大の報いかなぁと思います。
くだらない旅行記かもしれないけど、楽しんでいただけたなら幸いです。
長々と書きましたがありがとうございました。

カンボジア旅行記4日目
(Travel ; comments(0) ; trackbacks(1))
前の夜色々ありましたが秘密ということで4日目のカンボジアを向かえたテラですw
今日は寺院や建設途中の遺跡をみにいくのです。
寺院には沢山のお坊さんがw当たり前だけどw
お爺ちゃんお坊さんが話しかけてきて、昔のことを語ってたけど、戦争時代日本は悪いことしてたみたいで。。。何か関係ない世代の私たちでも顔を覆い隠したい気分になりまして。。。
いきなり豆知識にはいりたいと思いますw
実は、カンボジアでは昔女性のお坊さんもいたのだけれど、不埒なことをしたり、男のお坊さんと女のお坊さんが結婚したりと、本来の宗教の考え方と違うということになり、最近では男性しかお坊さんになれないらしいです。
日本の仏教と比べ相当宗教に関しては厳しく、日本人では耐えられないかもしれないですねw
私の名前には寺がついてますが、全くお寺とは関係ないのであしからず。。。
次に、ロリュオス遺跡群を観にいったのですが、そこには野外学校がありまして、子供達が文字の書き方と発音の仕方を勉強してました。
日本で言う「あ、い、う、え、お」みたいな感じですね。
みんな一斉に声を合わせて発音している姿はかわいらしいです楽しい
しかし、どこの国の学校でもさぼってる奴はいるもので、他の子供と雑談してたりしてる輩もいましたねw
凄く共感できてよかったけれどもグッド
それにしても遺跡の中に学校があるなんて!!なんてオシャレなんだろう。
きっと、休み中には遺跡で遊んだりしてるんだろうなぁ結晶
ここでまた豆知識2;カンボジアの学校では午前中だけで授業が終わってしまい、その後には家の手伝いをしたりして働いているのです。
そして、小学校から高校までで英語とフランス語の勉強をするので、カンボジアの人たちの語学力は凄いんですよ!!
ガイドのトゥームさんに関しては、日本語を話せる人材が少ないということもあり、珍しさで日本語教育センターに通って習得したとかなんとかw
で、本題に戻りますが、そういった子供達の表情をみることでちょっと癒されたテラです嬉しい
ここで、ようやくお昼休み。
ここでまたまた豆知識3;カンボジアでは昼休みが2時間もあります!!
日本では考えられないくらいうらやましい話ですよね!!
休みが長いのは昼の日差しが強いため身体に悪いということらしいですよ。
なので、旅行中もお昼には必ず2時間のお昼休憩があり、みんな体力温存してたということです鳥
そして、休憩中はずっと寝てましたよ私はw
毎日30度の猛暑と日差しは体に悪いですよ。。。体は筋肉痛だし。。。
ってなわけで午後のコースは、熱帯樹林が寺院に根を伸ばすタプロープ、その他遺跡www
最後に、宮廷舞踊をみながらの食事ですビール
まずは熱帯樹林での出来事、お寺の前の休憩所でジュース飲みながら休んでいると、物売りの女の子が汗
さすがの私たちもう手慣れたように”アッタローカー(いりません)”と追い払っていたのですが、女の子は強気で、「おにぃさん1ドル、1個1ドル」って言ってくるのですよ。
だから、私も「ディスカウント、2つで1ドル」って言い返したら何と!!
ひとまとまりになったポストカードをばらにして「2枚で1ドル」っていってきやがったw
おぅのぅ冷や汗
なかなかやり手で、ビックリですたい。。。
でも、俺もなかなか引き下がらないよ!!
2個で1ドルを言い続けました、そして相手は苦笑いw
勝った!!と思ったら、今度は1ドル2000リエルでどうだ!?みたいな争いにw
でも、こういうやり取りしてると楽しいんですよねw
女の子の無邪気な笑いに癒されますチョキ
そういうこともあり、寺院内を入る前に私は観念して買ってしまいました拍手
まぁ、日本円で換算するとたった200円の買い物でこれだけヒートアップするんですから面白いw
では、寺院の説明をします。
寺院内には大きな木が沢山生えてるんですよね。
この木をどうするか!?ということで遺産を管理する団体が悩んでいるのです。
なぜなら、この木のせいで遺産が崩れ、保存を保てないということなのです。
しかし、もう一方では木が遺産の味を出してるのでできるだけ伐採するのは辞めて欲しいという意見もでているのです。
そう考えると、私もどちらがいいのか悩んでしまうんですけど、やっぱり遺産守るためには木を切り落とすしかないんだろうなぁって思いますショック
木が切り落とされる前に私たちはその木にしがみついて記念撮影しましたけどねw
日本人は馬鹿だっていう印象をカンボジアの方々に与えたならごめんなさいね。
それはきっと私たちのせいだからw
あとですね、遺跡のある部屋で胸を強く叩くとゴツンッと音がなる変な部屋があって気持ち悪い部屋だなぁって思ったのも印象的ですね。
ちなみに他の部屋で試したけど、鳴りませんでした。
こわいよ〜〜悲しい
そんな出来事もありつつ、今日のメインである宮廷舞踊!!
アンコールビールをのみつつ、バイキングなので沢山とって食べて満腹温泉
鶏肉は鳥インフルエンザが怖いので食べませんでしたけどw
でも、カンボジアの料理は日本人でも本当に食べやすいし、米が主食なので日本食が恋しいとは思いませんでしたよグッド
おいしいご飯を食べながら舞踊を観たわけですが、舞踊の内容というのが恋愛話がメインな感じです。
男がドジョウ取りしてて女性にドジョウを持って行ってアプローチw
なんじゃこりゃw
まぁ、当然のことながら、女性は拒否しまくっていましたがw
でも、男性のほうもしつこくアピールすると何故かOKな雰囲気になっちゃってからに〜〜w
実に意味不明な舞踊だったショック
それとは別にちゃんとした宮廷舞踊があり、指をみるとクニャってそってるんですよ。
あれは日頃からの練習の賜物じゃないとできないらしいですが。。。
でも、綺麗な格好で華やかな気分になりますね。
日本で言う舞子さんみたいな感じなのかなぁ?
王様になった気分だったよwww
そんなわけで、4日目もなんだかんだ楽しめた1日でしたグッド
5日目に続くnextnextnext

カンボジア旅行記3日目
(Travel ; comments(6) ; trackbacks(0))
カンボジア3日目。
昨日はあまり寝てないのですw
そんな調子で、3日目突入ですw
朝日のアンコールワット鑑賞のために5時起きして、アンコールワット城内に入りました。
私は朝に弱くて目がしょぼしょぼしながら、お腹すいたぁって言いながらガイドのトゥームさんにぼやいていましたw
こんな朝だけど、やっぱり観光客は一杯きてましたねw
朝から騒々しいですわ。。。
でも、今日は快晴で朝日はでてないものの綺麗な紅色が全面に広がって壮大な景色でした。
朝日がどんどん昇ってくると空が金色に変色してとてつもなく綺麗。
みんな見とれてしまっていましたよときめき
写真もアンコールワットをバックに一杯とって、朝日の光を使って元気玉〜〜とかふざけた写真もとったりw
朝日見終わったら、アンコールワットも今日で見納めになってしまうとなると少し残念な気分になったけど、この光景は一生心の中で生きると思います。
カンボジア3日目は超ハードスケジュール!!
トゥームさん曰く、”欲張りコース”だそうで。。。
ぶっちゃけ昨日の疲れが全くとれてなくて、おまけに日差しもきつい。。。
午前中にはクバルクスピエン遺跡、パンテアイスレイ遺跡に行くことに。
クバルクスピエン遺跡、パンテアイスレイ遺跡は、小さいながらも残っている遺跡の中でも一番保存状態がよく、石堀り模様も綺麗です。
様々な神の彫刻が施されており、それぞれの神の権力であるとか、家来の態度がそれぞれ違うんですよね。
恐怖おののいてる家来や神と本当に仲の良さそうな家来etc...
あの彫刻をみることで、どの神が悪者で、どの神が良者なのかが一目瞭然です。
まぁ、悪い神は阿修羅なんですけどねw
私たちが、クバルクスピエン遺跡を見に行ったときに遺跡掃除がされてたみたいで池の掃除を現地の方々がせっせとやっていましたよ。
観光客がくるとそれだけ遺跡も汚れてしまいますもんね。
そしてその中には、まだ幼い子供を連れて掃除をしてる女性もいたりして、子供の世話をやりながら掃除してたり、子供も親の大変さがわかっているのか結構大人しく遊んでたのが印象的。
だから、観光客の私たちも遺跡にゴミ捨てたりしないようにしましょう!!
午後には、チャンパ軍との勝戦記念プリヤーカン。
これは凄くハードな登山になりましたw
道が道じゃないw
おまけに坂が急で足腰にくる〜〜悲しい
普通に地雷ありそうw
ジャングルを歩き回ったわけです。。。
石を器用に歩かないとこれまた即死。。。
外人さんは草履で上ってたけど。。。ありえんばい。。。
地面は赤土なので、意外と滑りやすいし、やっぱり靴じゃないと無理ですね。
途中自然のつるでできたブランコで遊んだり、日本人のおばちゃんに飴玉貰ったりw
トゥームさんは日本の女性に軟派するしw
そんな馬鹿なこともありつつ目的地に!!
おそらく40分くらい急な道??を歩きました。。。
汗ビッショリでくさっくさっ汗
こんだけ頑張ったんだから凄いものがあるんだろうなぁって思ったら。。。
檄ショボスびっくり
おまけにいつもは水が張っていて水の下に沈んでいる遺産が。。。
水が干上がってもろに外にでてる。。。。
水に沈んでるからいいのに〜〜干上がってちゃ〜意味ないやんリース
意気消沈ですよ、ほんまに。
そんな具合で下山して、お昼タイム!!
今日に限ってしょぼい弁当。。。
おいしくない。。ガイドさん達が食べてる飯のほうがおいしそう。
そう思ってるとトゥームさんが店の女性が私のことを気になってるって言ってきてビックリびっくり
トゥームさんも、あの子どうよ?みたいなこと言ってくるし。。。
困ったもんだ。。。カンボジアでもてるってことはw
友達はというと、物売りの子供達に囲まれてディスカウント合戦が!!w
多分4,5人の子供達がハンモックに横たわってる友達に話しかけてたようなw
1時間近くやり取りしてたのに、買ったのはスカーフだけw
それも女性物。。。実はカンボジア2日目にも女性物に民族衣装を買って着ていて現地の人たちに笑われてて。。。恥をかきまして。。。
2日目で書き忘れてたのでここで書かせて貰いますが、その格好で民芸品店にいったときのこと。
やっぱり笑われたんだけど、何故かその友達は店の女の子にモテモテで、惚れられてたなぁw
それで思ったことというのが、カンボジアでは日本人はもてる!!っていうことですw
お金持ちの印象が強いのかもしれませんw
もてたい男共はカンボジアにいってしまえ!!
まぁ、話は戻りますが、午後からはいつも通りの遺跡探索!!
さすがに3日目になると遺跡も飽きてきてしまってw
あまり覚えていませんw
そんなわけで3日目終了です。
適当ですいません悲しい
4日目に続くnextnextnext

カンボジア旅行記2日目
(Travel ; comments(0) ; trackbacks(0))
カンボジア2日目の私たち!!
睡眠時間をたっぷり取ったので元気バリバリですw
えーっと今日のメニュー午前はアンコールトムです。
”アンコール”は”都”、”トム”は”大きい”という意味らしく、遺跡が建てられたのは日本でいう平安時代あたりらしいです。
さすがトム!!入り口から無駄にでかいですw
昔、宗教戦争があったらしく入り口の前にある像のクビが切られたり、ボロボロに破壊されたものもありました。
入り口の大きな門には4種類の顔があり喜怒哀楽を表した顔が4方に広がっていました。
城内に入ってみると、めちゃめちゃでかい建物が!!
こんなの観たことがない!!
凄い衝撃を受けました雷
石だけでこんなに巨大な建物を建てて、おまけに細かな絵や文字それに模様まで細工されていました。
実は旅行に行く前に、地雷とかポルポト派の人に拉致されるかも!?とか不安に思っていたけど、それよりも暑さや日差しの強さにやられそうw
壁にかかれた絵には、カンボジアの歴史が刻まれており、中国人との関わりや猿と人間の攻防戦などファンタジー的な要素も混じってるけどカンボジアの歴史背景がよくわかる壁絵でした。
トゥームさんが詳しい話してたけど。。。正直暑いし、写真とるのに必死だったんw
アンコールトムには扉越しにお釈迦様の像がみえ、お釈迦様の口と自分の口を重ねて写真とると良いことがあるらしく試しに撮ってみたところ!!
アパートで写真確認したら、口づけがずれてたw
こりゃこれからも良いことありませんなw
午後は、本命のアンコールワット観光!!
えーっと肝心な”ワット”の意味を忘れてしまったので。。。
多分”神秘”みたいな意味合いだったと思うのですが。。。
知ってる方がいれば教えてくださいw
アンコールワットの表参道は道がボロボロになっていたので、ちょうど復旧作業をしていました。
こういった世界遺産には様々な国の援助があって行われています。
意外にも日本もカンボジアとのつながりが強いんですよ!!
道路の舗装をしたりとか遺産の援助金を出したりとか。
で、話は戻りますが、アンコールワットには内乱での戦場の傷跡があります。
柱には弾痕などの痛々しいものが沢山。
遺跡は素晴らしい歴史背景や偉大さを伝えるのと同様に悲惨な出来事も伝える大事な物でもあります。
そんなアンコールワットは世界遺産なだけあって観光客も多いし、物売りも多いし、規模がやばいくらいでかい!!
建物の中には、アンコールトムと同じく壁にぎっしりと絵が描かれており、ヒンドゥー教の神についてや地獄と天国についてなど宗教に関わることがズラッとかかれており、また所々に穴が空いてる部分があるんですが、そこには宝石が埋められてあったらしいですプレゼント
仏像にも金箔が貼られてたらしいです。
なんともリッチな遺産だったわけですねw
そういえば、アンコールワットには小さな池があり、3つの尖った建物が鏡張りのように映し出されます。
私が行ったときには前の日に雨が降ったせいで、水が濁っていて写真が綺麗に撮れなかったのですが、普段はアンコールワットの素敵な逆さ模様が観れます。
苦労したといえば、アンコールワットはとても大きいので最上階まで行くのが大変です。
上に上がるにつれて階段が急になってくるし、階段の高さが異様に高く、幅も足を横に向けなければ階段を上れない状態です。
おまけに3度目の階段は高所恐怖症の人はやめた方がいいかも。。。
行きは下をみなければ何とかいけるかなぁ?って感じですが、上って下を見た途端足が震えました。。。びっくり
落ちたら絶対死にます。。。でも、年取ったおばちゃん達は凄いね。
平気でよじ登って行きます。
怖い物なんてないのかな。。。。勝てる気がしません赤ちゃん
最上階には、坊さんや現地の方々などが参拝にきたりと宗教を大事にしてるみたいです。
カンボジアでは8割の人が仏教なので、日本と似てる雰囲気がします。
まぁ、日本では全然宗教重んじてないけどねw
で、周りの景色を観た後、下りようと思って来た階段をみたら。。。下りる勇気をなくし。。。別の手すりのついた階段から下りることに。。。
他の仲間2人は来た階段から下りたのに。。。私だけ手すり。。。なさけねぇ悲しい
最後に、夕日のアンコールワット鑑賞に行くことに。
アンコールワットのすぐそばに、小高い山があって、そこを上るんだけど、階段らしきものがなく砂利道の急な坂道、足すべらしたらこれまた即死ですw
上ってて思ったことは、普段から適度な運動が大事、そして足腰鍛えないと。。。
そんなことを思いつつ現場に到着。
ここからは夕日待ちです。
思ったことその2、色んな外人さんが入り乱れてる。。。
特に無駄に日本人がいる。。。
年齢層も高い。。。
穴場だと思ってたけど、おそらく日本人はどこの国に行っても普通に沢山いそうですw
肝心な夕日というと、やっぱり昨日の雨が祟ったのか雲が多くてあまり綺麗に見えなかったんですよね。。。
肉眼では綺麗なのに、写真にとると微妙。。。
そんなわけで、2日目は終了なわけですw
3日目に続くnextnextnext

カンボジア旅行記初日
(Travel ; comments(0) ; trackbacks(0))
カンボジアから無事帰国しましたテラです。
書くことが多いので、日にち毎に分けて書こうと思います。
まずは、初日から。。。
朝7時くらいの電車に乗って福岡国際空港に行きました。
実は前の日に卒業式もあり、おまけに寝なかったので、そのまま朝の電車まで起きてました。
まぁ、空港までは何もなかったんだけど、空港着いてから初めて聞かされたこと。。。
それは!!ツアーだけど現地までは自分たちの力で来いとのこと。。。
私はってっきり日本から添乗員さんがいるものと思って余裕かましてたけど。。。急激に不安になってきたのです冷や汗
それでも、何とか仲間と力を合わせて荷物のチェックインなり搭乗なりできました。
ところが!!福岡国際空港はゲートが2つしかなくてめっちゃ混んでて乗り遅れそうに。。。
他の乗客の一人のオッサンも、空港職員に文句を言う始末怒りマーク
始まりからこんな感じのスタートです。
もう慣れましたw
日本からは、カンボジアの直通の飛行機がないので、ベトナムのホーチミンで乗り継ぎをしないといけないのです。
おまけに海外の空港はわかりにくいし、態度が悪いw
そういえば、友達の1人が”ホーチミン”のことを”ホーミチン”と何回も間違えて恥をかきましたがw
ホーチミンからカンボジアまでは、まだ許せる範囲だったんです汗
カンボジアの空港職員の態度は凄いですよ!!
警備員は、他の警備員をからかって遊んでたし、ビザ発行職員に関しては記入漏れの欄をボールペンでピンッってして、たたき返す始末。。。
あんなことされたらトラウマになりますよ。。。
友達も相当根に持っていて、旅行中ずっと文句言ってましたw
旅行の準備も不十分だったので、ビザ発行の手続きの書類の書き方も全然わからず、カンボジア人の下手くそな英語を何度も聞いてようやくかけたんだけど、空港職員のあのやる気のなさはむかつきます怒りマーク
まぁ、飛行機9時間くらい!?の旅を過ごしてようやく本命のカンボジアについたわけです。
今の時期はカンボジアでは乾季にあたり雨は滅多に降らないのですが私たちが到着したときは大雨で。。。
先行き不安な感じだったんだけど、ガイドさんを観て安心グッド
地元のガイドさん(名前;トゥームさん)だけど、日本語ペラペラだし、言葉遣いも優しいんです。
この日は、そのままホテルで休む予定だったけど、トゥームさんがカンボジアで有名なカカゲ!?を観ながら食事ができるところがあるということで、初めて聞く言葉にみんなノリノリでしたw
現場について美味しく現地特産のビールを飲みながら待ってると!!ビール
なんと!!影絵が始まったじゃないですか!!
トゥ、トゥ、トゥ、トゥーーーーーーーーーーームさんっ失恋
あなた肝心な所を間違って私たちに教えてるじゃないかっ!!
そんな感じで私たちのテンションもがた落ちw
影絵の内容はというと、カンボジアの歴史背景を表した子供向けの内容です。
細かいことは忘れましたがw
影絵はカンボジアの子供達が裏で人形を器用に動かしてるんですよ拍手
ちょっと、しょぼかったけど20ドル払った価値はあったかな!?と思いましたw
ご飯はというと、中華にも似てるし、日本風味もあり、カンボジア独特の味がする物もあり、旅行中飽きることはなかったんだけどねパクッ
そんな食事の後、あまりの疲労のせいで、ホテルについてシャワー浴びて速攻寝ました困惑
2日目は次回に続くnextnextnext